半田市の在宅医療連携システム(だし丸くんネット)一般利用者専用サイト

在宅医療連携システムとは

  • HOME »
  • 在宅医療連携システムとは

医療と介護の連携で皆様の生活を支援します!

 半田市では、医療と介護の両方が必要な高齢者世帯や1人暮らしの方、医療度の高い方が病院に入院したり施設に入所したりせずに、できるかぎり住み慣れた自宅で暮らし続けるために、地域医療と介護が一体となって支援する体制を整えています。
 その一つとして、患者さんを支える医療や介護の専門職間において、ICT(情報通信技術)を活用した患者情報の共有を進められています。これらの情報共有は患者さんの意思によって行われるもので、個人の情報を守るセキュリティに配慮しながら、円滑で効果的な医療・介護の連携が図ることで、より安心で安全な在宅診療を提供します。

在宅医療連携システム(だし丸くんネット)とは

 診療所、かかりつけ薬局、訪問看護ステーション、ケアマネジャーなど医療と介護の専門職間で患者情報を共有するしくみです。
 このシステムは事前にかかりつけ医や主治医、ケアマネジャー等が患者さんの同意を得たうえで、事前に選ばれた専門職のみが情報を共有するものです。
 ICTネットワークを通じて、訪問時の体調や生活状況の変化を、文字情報や写真、動画、音声等のデータによって、すばやく多職種が共有することで、医療職と介護職がそれぞれに最適な支援を行うとともに、一体的な見守りが可能となります。

 このシステムへの参加は、患者さんひとりひとりの自由な意思によります。このシステムの説明を受け、目的や意義、安全性を納得された方のみご参加いただいています。参加されなかった場合や、途中で参加を中止された場合でも今後の診療や支援に、何ら不利益は生じません。

在宅医療連携システム運用イメージ

 患者さんを中心として事業所を超えたチームスタッフ間で在宅診療に取り組む際に、安全なインターネット回線を通じて、今までできなかった写真や、動画、音声等をチームスタッフ間でリアルタイムに共有を行います。これにより、チームスタッフは、患者さんのご自宅から、地域のお医者さんに患者さんの症状を報告したり、相談したりすることができるようになり、患者さんやご家族はよりチームスタッフを身近に感じていただけるようになることと思います。

システムを利用した在宅診療を希望される方は

 在宅医療サポートセンター又は担当の在宅医、訪問看護師、ケアマネジャーなどにご相談ください。なお、このシステムで共有される個人情報はセキュリティに配慮しながら適切に取扱います。

≪お問い合わせ先≫

だし丸くんネット事務局

半田市医師会 在宅医療サポートセンター(半田市立半田病院内)
電話:080-9482-2408・080-4848-7986
FAX:0569-26-3003

PAGETOP